債務整理と一本化のどちらがお得

借金の一本化とは、複数の消費者金融等から借金をしているときに
それらの返済を一つにまとめて、返済先を一つにするというものです。

 

たとえばA社から100万円、B社から50万円、C社から10万円と
複数の金融機関に借金をしている場合
返済日や返済額が異なるため、借金返済のプランが立てにくく
借金の総額自体を把握することが難しくなります。

 

そこで、低金利のD社で160万円を借りA社、B社、C社に
借金を返済してしまえば、毎月の支払いは1回に減り
また、低金利で駆りかえることで利息の支払いも楽になります。
返済のプランも立てやすく、借金の総額も分かりやすくなります。

 

これが「一本化」「おまとめローン」と呼ばれるものです。
低金利で借り替えることで、とてもお得に借金問題を片付けられる
とても効果的な方法に見えますが、債務整理とどちらがお得なのでしょうか?

 

実は、どちらにもメリット、デメリットがあり一概にコチラがお得!と
言い切ることが難しいのです。
債務整理で任意整理を行う場合、利息制限法の上限金利に
引きなおし計算を行い、超過分は過払い金として元本に充当したり
それ以上に払いすぎていた分は過払い金として手元に戻ってきます。
任意整理では利息を払いすぎるということが一切なくなります。
また、原則任意整理は元本に適用されるものなので
任意整理を行うと、将来の金利がの返済が必要なくなるのでお得だと言えます。

 

更に、一本化する場合には借り入れ金額が大きくなってしまうため
連帯保証人を立てなくてはいけません。
仮に支払いが滞ってしまった場合には
連帯保証人に迷惑が掛かるだけではなく
改めて任意整理を行おうとした場合に、連帯保証人が足かせになり
任意整理が出来ないということもあります。

 

ただし、借金総額が少ない場合や、過払い金が発生していないと思われる
短期間の借金、銀行等のローンの場合には
一本化するほうが手続きが早く、自力で返済ができるので有効な手段といえます。

 

もしも一本化を行う場合には、今後一本化した金融機関以外からは
一切の借金をせずに、多重債務から足をきっちりと洗う必要があります。
また、中には一本化を行うとして手数料だけを巻き上げる整理屋やなど
詐欺も多く逆に借金の額と金利が増えてしまうことがありますので
信頼の置ける金融機関で一本にまとめなくてはいけません。

 

いずれにせよ、まずは借金問題に詳しい弁護士や司法書士に相談し
あなたのケースの場合には債務整理と一本化のどちらがお得かを
しっかり冷静に判断してもらうのが安心です。